てのひらワークスの外羽根靴/10月28日

IMG_1303
外羽根式の靴は、最も靴らしい靴だと思います。
靴をイメージしてというと、みんなこの外羽根の靴をイメージするような気がしますが
僕だけでしょうか。

普段の展示会などでは、お披露目したことのない
僕の私物として6年前につくって
たまにTPOに合わせて履いている靴。
ここにいらっしゃるお客様で黒の普通の紳士靴を探しているという話を聞くと
そのときだけ玄関からゴソゴソと持ってきている靴。
オイルレザーの厚みある革と、スマートなインソールがこの靴の良いところです。あとはいたって普通。

IMG_1305

写真のTさんもそんな流れで見て気に入って頂けてご注文を受けることになりました。

スターネット主催の故馬場浩史さんが言っていた話を思い出します。
自分たちが履きたいもの、使いたいものをつくる。
それをすこし余分につくって、お裾分けするような気持ち。
てのひらワークスを始めるきっかけにもなりました。

Tさんの外羽根はそんなお裾分けのような靴です。
実際のお裾分けというわけにはいきませんが
手に余る一枚の革を、それが好きという人で分け合って
靴を作らせてもらったという話です。

1人分をつくることも、1000人分をつくることも、僕には難しい。
せいぜい10人~100人。その感覚は大事にしたい。

てのひらワークスの外羽根靴
木型代金込 ¥64,800

2017.10.28おとなの靴