大学卒業後、当時東京原宿にあった靴作り教室モゲワークショップに通う。
妻恵子はそこの同級生であり、憧れの人。頑張り屋で手を抜くことを知らない人。
つくる靴はどれも綺麗で、格好良かった。
一年後、僕は足の悪い母の靴を作れるようになるため
大阪の義肢装具製作会社へ進み修行を始める。

2009 2009 師の引退を機に義肢装具製作会社を退職。
神奈川県鎌倉の緑豊かな谷中の一軒家に居を移す。
足に悩みを抱える人へ靴を誂えることと、
靴づくりを手ほどきする靴教室を始める。
屋号は夫婦二人の手の仕事の意味と、
その手に様々な手仕事が繋がっていくよう願いを込めて
『てのひらワークス』
2010 2010 栃木県益子町のギャラリースターネットを訪ねる。
主宰の馬場浩史さんとともに
足元から身体を整え、心を健やかに社会を心地良くすることを目指して
新しい靴づくりに取り組み始める。
APbankfesにもこの年から参加。
環境に優しく、地球を大切にする活動を
てのひらワークスとしてできることを考え始める。
2011 2011 長男多聞が産まれる。
野口整体の先生に出会い、
自分と家族の身体を元気に育てるために入会する。
僕の靴も快適な靴をつくるのではなく、
履いてくれる人の足が元気になるような靴を
つくりたいと思うようになる。
例えばお腹に力が入る靴や、
背筋が伸びるような靴を。
2012 2012 東日本大震災からずっと仕事が手に付かず、気持ちの整理をつけるため
栃木県茂木町の静かな環境へ身を移す。
子育てを十分たのしみながら、これからの道を探る日々。
スターネットでオーダーシューサロンを開設する。
塩と菜種油だけで鞣される白鞣し革など、
天然素材のみで足を優しく包む靴づくりを実践。
2013 2013 コモンシューズハウス開始。
緑に囲まれた里山で暮らす日々を過ごしていると
都会では知ることのできなかった、
そこに住む人々と土地が結びつく暮らしに、本来の人の生きる姿を見る。
ガレージを改装しアトリエをつくり、自分だけが使うのではなく
誰でも靴づくりが楽しめるように
コモンシューズハウスと名付け定期的に開放する。
また高知をはじめ、全国で靴づくり同好会を開く活動も始める。
2014 2014 山梨県富士川町昌福寺アヌッタラでこども靴の販売を始める。
僕は大人になってからよりも、子どもの身体が素直に育つ時期こそ
靴をしっかり選ぶべきだと思っている。
そこでちゃんと身体の幹が育てば
大人になって、いろんな靴を履くことができる逞しい足になる。
こども靴は巷にたくさんあるけれど、
町医者のように親身にその成長を見守ってくれる人や場所がない。
こどもを授かった機に、いつかこども靴店を開きたいと思い始め、
昌福寺でのてのひらワークスこども靴展(店)が始まる。
2015

次男聞司が産まれる。
世田谷ものづくり学校で
手仕事キュレーター石田紀佳といっしょに靴づくりWS『巡るイノチ』を開催。
革は食肉文化の副産物であり、イノチそのもの。
だからなるべく彼らを尊重し、無駄の少ないものづくりをしたいと思う。
それでも革は溢れていく。ものが増えていく。
小さくしたい、シンプルにしたい、身の程をわきまえたい。

>> 2015 calender