一期一会/1月3日

image今日は家族でスターネットへ。

たくさんの方が笑顔で挨拶を交わす、新年スターネットの雰囲気はとても心地良い。

たぶん半分以上が常連さんです。毎年僕と同じように楽しみにしているんだろうな。

そんな中見かけたのが、4年前に馬場さんとつくった白鞣し革の靴を履くご婦人。

毎年少しずつ手を入れ、歩きやすさ、修理しやすさ、丈夫さは良くなったけれど、その4年前に初めて作った靴のフォルムが、丸っこくて可愛らしくて、なによりその靴がとても似合っていて、僕の目には今の靴よりも魅力的に映りました。

手を加え、精度を上げていくうちに、失うものもある。その天秤をいつもゆらゆら揺らしながら迷いながら作っている。その一つ一つの岐路で最善の手を尽くして。

すぐれた靴と似合う靴、悩みますが、彼女に声をかけるとしたら、今の靴ではなく、4年前にこの靴に出会えたことが幸せでしたねと言いたい。

僕はもう4年前の靴をつくることはないかもしれないけれど、この人が履いている限りは、いつまででも支えたいと思います。

写真は最新版の白鞣し革コモンシューズサボです。この方も本当に良く似合っていました。

白鞣し革のコモンシューズサボ  ¥43,200

 

 

 

 

 

 

2016.1.3おとなの靴