Shoes made with limited resources./6月25日

IMG_3561
今日は今年一番暑かった。時折工房を通る風が心地よかった。
夕方伊蔵さんが遊びに来てくれて、
「今日は暑かったけれど、ここは高台の土地。
 このくらいで暑いなんて言っていたらどこにも住めんぞ。」と笑ってくれた。
そして田んぼの稲の出来が良い!と褒めてくれた。
気が早いけど、米が収穫できたらみんなで食べたい。

白鞣しサンダルはすべて受注生産です。
白鞣し革の在庫も残り少なくなってきました。
作れる数も数えるほどです。
替りのない有限の素材を使うことは、もう二度と同じモノをつくることができないということ。
そんなモノづくりをようやく楽しめるようになりました。

2018.6.25おとなの靴