手の直感 入学式/4月9日

今日は岡山の児島からはるばるお客様が来てくれました。
昨年の5月高松のニシニシさんで展示会をしたときに、靴を見てくれたことがきっかけだそうです。ありがとうございます。
仕事の都合で来週にも東京へ引っ越してしまうため、靴は郵送することを前提に打ち合わせさせてもらいました。

かかと後ろの靴擦れが過去多いことや、整体に行くと必ず歪んでいることを指摘されることなど
最初工房へ入ってきた時の印象ではあまり問題ない足だと思っていましたが、
身体の随所にストレスがかかっていることがお話しをしているうちに伝わってきました。

今回つくることにしたのは、足に触れた手の直感で
定番の足をしっかり支えるフットベッドではなく、足を柔らかく包むタビ製法のスリッポンを提案しました。
ご本人もサンプルに足を通してもらった感想も、その方が心地よいと言って頂けました。

タビ製法のスリッポンをつくるのは実は初めてです。
ですがこれも直感ですが、きっとすごく魅力的な靴になるとわかっています。

東京で暮らすことをイメージしながらの
革選びや靴底選び、靴のデザインを考える2時間はとても楽しかったです。
はやく作りたい気持ちです。こんな仕事をさせてもらえることに感謝。ありがとう。

IMG_2659
今日は入学式でした。
多聞はいつも通りのにっこりスマイル。
かなり照れ屋さんだと最近よくわかってきた。
今日も照れ笑い。
6年後もそこだけはかわらないでほしいなと思いました。