【PATAGONIA改】靴のポテンシャル/8月31日 百掌往来メモ

IMG_6389
【PATAGONIA】のアンクルストラップを毎回留め外しせずに
サッと履けるようにゴムで輪っかをつくることにしました。

IMG_6390
お渡しの時に
「アンクルストラップは補助みたいのもので、留めなくても歩けますよ。」
とお伝えしたのは僕自身で、それは少しくらいはね。というニュアンスだったのですが
まさかお渡ししてからずっとほとんどストラップを留めずに
ワンちゃんの散歩の時も!?気に入ってくれて使ってくれていたと聞いた時は
ほんとに驚きました。

IMG_6392
SHOEBASEの踵のホールド力が
その歩行を可能にしていたのだ、とSHOEBASEの擦れた艶をみてわかりました。

靴もその他道具と呼ばれるものは
その使用方法を作る人が決めている。
でも使う人はそれに縛られる必要はない。
使う人には使う人それぞれの暮らしがあり、癖があり、こだわりがあって
その使用方法は十人十色だ。好きなように使えばいい。

こんな使い方もできたとか
あんな使い方もできたなど
僕で言えば、様々な靴のエイジングがあることが、実は心から望んでいることだったりする。

今回は靴が秘めていたポテンシャルに気付かせてくれた。

IMG_6393

先日「自分を信じる」と日記に書いたけれど
今日は「他人を信じる」ことのできる人間になろうと思った。
自分を信じれない奴が、他人を信じることはできない。
他人を信じれない奴のつくるモノを信じることはできない。

いやちがうか。

己を信じてつくられたモノはたくさんある。
他を信じてつくられたモノはどうだろうか。
前者は己の範囲を超えることはない。
後者はいろんな世界を旅することができるだろう。
豊かさがある。

2021.8.31修理の靴, 百掌往来