コモンシューズの会 with チーム宮ぷー/5月7日

IMG_6975

栃木から車で9時間、石川県に行ってきました。

呼んでくれたのは、かっこちゃんという愛称で様々な活動をなさっている山元かつこさんとその仲間たち。

以前から靴をつくることが夢だったというかっこちゃんから共通の知人を介して、このコモンシューズをとても気に入ってくれたことがきっかけで、今回の2日間のWSが決まりました。

場所は断捨離を提唱したやましたひでこさんのお宅。

家族を連れて行けることが条件だったのですが、WS後は、そのままそのお宅に寝泊まりできるというとても贅沢な環境を用意してもらいました。

僕らが靴づくりをしている間は、ちかくの石川動物園に妻とこどもたちは遊びにいったり、隣の部屋でおもちゃで遊んでいたり。いつも一人で出張することが多く、家族と別々なのですが、今回は仕事しながら、となりのガラス越しに子どもたちの気配を感じながらでき、それは気が散ることより安心感があり、僕もとても心地よく穏やかな気持ちでWSをさせてもらうことができました。

WSのメンバーは、《チーム宮ぷー》

難病でリハビリ中の宮ぷーを支えている元気で仲良しのチームです。

靴づくりは当然ひとりでつくるモノなのですが、それが普通の環境ではできないからWSという形式で同じ気持ちの人たちに集まってもらって、みんなでさぁつくろう!やってみよう!という意識をつくることが大事になります。でもやっぱり難しかったり根気がいることもあるので、弱い気持ちになる人もいます。そんな時に支えてくれるのは僕ではなく周りのメンバーだったりします。WSをやっていていいなぁと思う瞬間は、その場に僕という存在がなくなっている時間です。みんなが自分の靴に集中して、たまに隣の人の靴を手伝ったり手伝ってもらったり、みんなで靴も場所も時間もつくっている光景は、とても幸せな気で満ちている気がします。

今回のWSはそんなことを思いました。

IMG_7012

2016.5.7ワークショップ