1グラムと0,1ミリ/5月16日 百掌往来メモ

IMG_5140
生クリームが苦手な多聞。嫌いではなく、好きだけど多くは食べられない。
そのため、ショートケーキのカットサイズさえ完食できたことはありませんでした。
無理に食べなくてもいいけれど、
僕らも甘いケーキは、苦手というか美味しいとは思えなくて
美味しいケーキを食べたいという気持ちは僕らにもあって
ここ数年は恵子さんの手づくりショートケーキ。
かなり甘さも抑えて、多聞がどんなショートケーキなら食べられるのか
試行錯誤しながらつくってくれていました。
そのおかげで、すこしずつ僕らも多聞も美味しく食べられる小林家のケーキみたいのが
出来つつありました。

5月1日聞司の誕生日ショートケーキの砂糖は本には15グラムのところを10グラムにしたそうです。
それは甘すぎずとても美味しい生クリームでしたが、多聞はやはり完食できず。
それで今回、さらに1グラム減らして9グラムにしたところ、なんと多聞が美味しく完食できました。
1グラムの差は僕には正直わからなかったのですが、多聞の舌はその差を感じ取ったのでしょう。
ケーキを喜んで食べる子供の笑顔は、最高です。

些細な差でも、その境界線の場所で大きな意味を持つことがあります。
それはどんなことにでもあるように思う。

IMG_5141

革の仕事もそう。0,1ミリの厚みが革と靴の相性を左右することもある。
しかも原皮の状態とか染色の具合、仕上げの仕方など様々な他の条件によって
本当は毎回その厚みを0,1ミリ単位で微調整することが望ましい。
でも実際はそこまでできておらず、毎回その仕上りを確認することなく、厚みを指定しているのが現状。
だからせめて、手元に届いた革を吟味して相応しい靴へと使う。靴ありきではなく。
たった0,1ミリで靴になるのか、ならないのかが決まることがある。

だからそんなムラはない革の方がつくりやすくて、負担は軽いけれど
それでもこの革を使う理由は、そのムラがあってもこの革の素晴らしさは群を抜いているから。
取り寄せる度に、まいど違う印象を見せる革で戸惑うことが多いけれど
靴に仕立てることにおいて、裏切られたことは一度もない。
本当に大事なところはまったくぶれていないのだ。

僕もこのようなものづくりを目指したい。つづく。