百掌往来 2020年10月号 No.3/10月31日

ワードヘッダー用レイヤー百掌往来ロゴ2

百掌往来 2020年10月号 No.3

こんにちは。てのひらワークス小林智行です。

【百掌往来】はてのひらワークスからみなさんへのお手紙です。

読んで捨てるもよし。返事を書くのもよし。友人に送るのもよし。

江戸時代は、往来物とよばれる教科書が1000種類以上存在したそうです。

その中身は聞く人と答える人の往復書簡。

ときにそれは立場が逆転することもあったでしょう。

先生と生徒という立場ではなく、同じ問いに向かう対等な立場で

意見や感情のキャッチボールから、

各々が各々の答えに気付いていったのだと想像しています。

ですが、【百掌往来は】靴づくりの教科書にするつもりはありません。

これを続けながら、成るように成る。と思っています。

日々の仕事や暮らしで気付いたこと、

疑問に思ったこと、お節介なこと、ぽっと点いた独り言のような火種です。

そのまま静かに消えていく前に、他の誰かを温めたり、灯が増えたりして、

役に立てることがあるかもしれません。

読んで聞いてくれるだけで十分有り難いです。

靴に関するご意見も、百掌往来のご感想もよかったら

tenohiraworks.kobayashi@gmail.comまでメールをください。

2020年10月31日(土曜日)

てのひらワークス通信【百掌往来】の第3号をお届けします。

どうぞお楽しみください。

―――――――

【1】 今月のてのひらワークス 小林智行
【2】 百掌往来 vol.3 「素足の感覚 その後」 藤原伸広/小林智行
【3】 手考足想 vol.3 「手考」 小林智行
【4】 私の一足 vol.3 「一足の靴 YABO 後編」 前田努(マエダ特殊印刷)/小林智行 

―――――――

【1】今月のてのひらワークス
―文・小林智行

10月23日、佐藤さんから革が届きました。
今回の革もとても心地よい仕上がりでした。
靴づくりにおいて、微調整は日常茶飯事で、
年に数回仕入れる革は一枚ずつ違います。
まったく同じなんてことはありません。
完璧は求めません。
完璧を求めようと、あれこれ手を加えれば
その差を消すことはできるけれど、
それはあくまで革として出来上がったときだけのこと。

僕にとって均一であることはさほど大事なことではありません。
大事なことは革が生きていること。
それは0.1ミリも狂いがないほど精密に作り上げられることじゃなく
厚みよりも、それ以上に触れた時の温かさとかが僕には重要。

その辺の価値観が合う佐藤さんは、かけがえのないパートナーです。
届いた時の状態は、革は未完成です。
佐藤さんのヌメ革は、あえて未完成で送ってもらっています。
ここから靴になるまでの道のりの中で、
革素材が僕の手の中で育っていく過程を楽しんでいて
この手はいつも喜んでいる。

IMG_1900

この次は履く人が、自分の足で靴を育てていく番。
僕と同じように楽しんでほしいと思う。
歩き癖が革にうつったり、日々磨いて革が強くなったり
靴底の摩耗が自分の歩幅や歩調に合わせて
見事な角度にすり減ったり、
共に歩き続けることで、互いに寄り添いつつ、
必要な時間や道のりを乗り越えてかけがえのない存在になります。

10月2日 【菜園靴】 http://tenohira.noor.jp/11131
10月19日【靴の冬支度】http://tenohira.noor.jp/11253
10月28日【杖はいらない】http://tenohira.noor.jp/11309
これからどんな風に育っていくのか、楽しみです。

2020.10.31百掌往来